ビーツとポテトのサラダ

メール
送信
写真:ビーツとポテトのサラダ

  • 調理時間 10分
    (ビーツをゆでる時間は除く)
  • エネルギー 147kcal
  • 食塩相当量 0.8g
  • 野菜摂取量 24g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

ビーツ 1/4個 45g
じゃがいも 1個 110g
イタリアンパセリ 少々
少々
こしょう 少々
キユーピー マヨネーズ 適量

作り方

1ビーツは塩を加えた湯でやわらかくなるまでゆで、皮をむいて1cmの
角切りにする。

2じゃがいもは洗った後ぬれたまま、乾いたクッキングペーパーで包み、  
さらにラップでふんわり包んで、レンジ(600W)で約3分30秒加熱し、
皮をむいて1cmの角切りにする。

3①と②を合わせてマヨネーズで和え、塩・こしょうで味をととのえ、
イタリアンパセリを飾る。

調理のポイント

マヨネーズの量はお好みで調節してください。
ビーツはサトウダイコンの仲間で、独特の甘みがあります。ロシア料理のボルシチ
には欠かすことができません。また、サワークリームや酢とよく合います。下ごし
らえは、皮のまま塩を加えた湯で約1時間ゆで、皮をつまんでかんたんにむけれ
ば火がとおっています。

栄養成分(1人分)

エネルギー 147kcal
たんぱく質 1.6g
脂質 10.5g
炭水化物 11.8g
食塩相当量 0.8g
野菜摂取量 24g

このレシピに使われている商品

じゃがいもを活用しよう

ポテトサラダのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について じゃがいもの基本情報

秋|旬は5〜6月,10〜2月

じゃがいもの話

日本で流通しているじゃがいもといえば、男爵いもとメークインが代表的、それぞれの性質はずいぶん違うので、料理に合わせて使い分けるのがおすすめです。まず、男爵は、丸くゴツゴツした形をしており、粉質で加熱するとホクホクした食感が楽しめるのが特徴で、コロッケやポテトサラダなど、マッシュして使う料理によく合います。一方、長い楕円形でつるんとしたメークインはきめの細かい粘質で、加熱するとしっとりした食感に。煮くずれしにくいので、ポトフなど、煮込み料理に向いています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す