マスタードマヨのベーコンポテトサラダ

写真:マスタードマヨのベーコンポテトサラダ

いつもの食事に野菜で「もう一品」ほしいときに、おすすめの作りおきサラダです。冷蔵庫で保存し、2~3日を目安に召しあがってください。 香ばしく焼いたベーコンとマスタードのピリッとした辛味が味のアクセントです。おつまみにもおすすめします。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 277kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 24g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(4人分)

じゃがいも 3個 320g
玉ねぎ 1/2個 94g
ベーコン 2枚 40g
少々
こしょう 少々
A キユーピー マヨネーズ 大さじ6
A キユーピー あらびきマスタード 大さじ1・1/2

作り方

1じゃがいもは洗った後ぬれたまま、乾いたクッキングペーパーで包み、
さらにラップでふんわり包んで、レンジ(500W)で約8分加熱する。
玉ねぎは薄切りにし、耐熱容器にのせ、ふんわりとラップをかけ、レンジ(500W)で約2分加熱し、水気をきる。※レンジの加熱時間は、様子をみて調節してください。※食品用保存袋に入れて、レンジ加熱をしないでください。  

2ベーコンは1cm幅に切り、油をひかずに熱したフライパンで焼く。

3皮をむいた①をボウルに入れ、熱いうちにフォークなどでつぶす。②とAを加えて和え、塩・こしょうで味をととのえる。※マヨネーズを加えるタイミングは、つぶしたじゃがいもの上に手をかざして、ほんのりと温かさを感じる程度(約40℃)まで粗熱がとれた頃が、味がなじむのでおすすめです。

調理のポイント

●調理するとき
 手はよく洗い、清潔な調理器具を使用しましょう。
 新鮮な野菜をしっかり洗い、水気をきりましょう。
●保存するとき
 粗熱がとれてから清潔な密閉容器に移し、食品用保存袋使用時は使い回しをしないでください。
●召しあがるとき
 食べる量だけ出し、残りはすぐに冷蔵庫に入れましょう。
 使用食材や保存状態により早く傷むことがあります。色やにおいを確認し、味が悪いときは食べるのをやめましょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 277kcal
たんぱく質 3.9g
脂質 21.4g
炭水化物 17.4g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 24g

じゃがいもを活用しよう

ポテトサラダのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について じゃがいもの基本情報

秋|旬は5〜6月,10〜2月

じゃがいもの話

日本で流通しているじゃがいもといえば、男爵いもとメークインが代表的、それぞれの性質はずいぶん違うので、料理に合わせて使い分けるのがおすすめです。まず、男爵は、丸くゴツゴツした形をしており、粉質で加熱するとホクホクした食感が楽しめるのが特徴で、コロッケやポテトサラダなど、マッシュして使う料理によく合います。一方、長い楕円形でつるんとしたメークインはきめの細かい粘質で、加熱するとしっとりした食感に。煮くずれしにくいので、ポトフなど、煮込み料理に向いています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す