鶏むね肉のすりおろしオニオンマヨ焼き

メール
送信
写真:鶏むね肉のすりおろしオニオンマヨ焼き

お肉にマヨネーズとすりおろしオニオンドレッシングで下味をつけて冷凍する「作りおき冷凍」がおすすめ!週末に下味をつけて冷凍し、翌週冷蔵庫で解凍して焼くだけで、かんたんにできます。マヨネーズに漬け込むことで、鶏むね肉がやわらかくなります。夕食はもちろん、冷めてもやわらかいのでお弁当にもおすすめです。

  • 調理時間 10分
    (肉に下味をつけて冷凍・解凍する時間は除く)
  • エネルギー 307kcal
  • 食塩相当量 1g
  • 野菜摂取量 17g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

鶏むね肉 1枚 180g
レタス 1枚 29g
貝割大根 5g
サラダ油 適量
A キユーピー マヨネーズ 大さじ2
A キユーピー すりおろしオニオンドレッシング 大さじ2

作り方

1【肉に下味をつける】
鶏むね肉はひと口大のそぎ切りにし、ジッパーつきの耐冷の食品用保存袋に入れ、Aを加えてよくもみ込む。

2下味をつけた肉を冷凍保存する】
①を平らにならし、空気を抜いて口を閉じ、冷凍室に入れる。

3【肉を解凍する】
②を冷蔵室に移し、解凍しておく。

4【調理する】
レタスは食べやすい大きさにちぎり、冷水にさらして水気をきる。

5フライパンに油をひいて熱し、③を両面焼く。火が通ったら、残りの③のたれを入れ、からめて焼く。

6器に④を敷き、⑤を盛りつけ、根元を切り落とし、長さ半分に切った貝割大根をのせる。

調理のポイント

●保存するとき
 新鮮な食材を準備しましょう。
 肉を入れた食品用保存袋は使い回しをしないでください。 
●解凍するとき
 細菌が増えないように、冷蔵庫で解凍(約8時間)しましょう。
●調理するとき
 解凍後は、その日のうちに調理して召しあがってください。 
 漬け込み液やお肉の中心部までしっかり加熱しましょう。
 加熱前の漬け込み液は料理にかけたり、そのまま食べる食品や食器につかないようにしましょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 307kcal
たんぱく質 20.1g
脂質 23.2g
炭水化物 2.8g
食塩相当量 1g
野菜摂取量 17g

鶏むね肉を活用しよう

その他肉料理のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について 鶏肉の基本情報

鶏肉の栄養の話

牛肉や豚肉に比べて低カロリーで高たんぱく質な食材です。

たんぱく質、ビタミン類、ミネラル類が多く含まれています。

その中でも、皮やレバーにはビタミンAが、手羽先などにはコラーゲンが多く含まれています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す