厚揚げとほうれん草のマヨ炒め

写真:厚揚げとほうれん草のマヨ炒め

厚揚げ、ほうれん草、きのこ、にんじんの素材のそれぞれのおいしさがたのしめる一品です。油の代わりにマヨネーズで炒めると、コクがアップします。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 270kcal
  • 食塩相当量 0.7g
  • 野菜摂取量 67g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

厚揚げ 1枚(小)
ほうれん草 4株 110g
ぶなしめじ 1/3パック 34g
にんじん 1/6本(小) 23g
しょうゆ 小さじ1
サラダ油 小さじ2
キユーピー アマニ油マヨネーズ 大さじ2

作り方

1にんじんは皮をむき、細切りにする。

2厚揚げは縦半分に切り、さらに厚さ1cmに切る。
ぶなしめじは石づきを取り、小房に分ける。

3ほうれん草は長さ4cmに切る。

4フライパンに油をひいて熱し、①、②の順に炒め、にんじんがしんなりしたら、③を入れてさっと炒め、しょうゆとアマニ油マヨネーズを加えて全体を炒める。

調理のポイント

厚揚げは熱湯をかけると余分な油が除けます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 270kcal
たんぱく質 9.8g
脂質 24g
炭水化物 4.5g
食塩相当量 0.7g
野菜摂取量 67g

このレシピに使われている商品

厚揚げを活用しよう

その他野菜料理のレシピ

キユーピー アマニ油マヨネーズを使ったレシピ


素材について ほうれん草の基本情報

冬|旬は11〜2月

ほうれん草の話

品種改良や栽培法により、今では一年中出回るほうれん草ですが、もともとの旬は冬。 寒さに強いほうれん草は、冬霜にあたることで甘みもおいしさもアップします。さらに、栄養価もパワーアップするので、冬場に出回る露地物をチェックするのがおすすめです。アクが強いので、加熱してから食べるのが一般的でしたが、最近では生で食べられるように改良された、サラダほうれん草も登場。やわらかく、くせがないので、よりいっそう、食卓に身近な存在となりました。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す