TOP / 商品情報 / 原料

原料

キユーピー マヨネーズの主原料は
卵黄、植物油、酢の3つ。
「良い商品は良い原料からしか生まれない」
というキユーピー創始者である
中島 董一郎の想いを大切にしています。

マヨネーズの配合例

マヨネーズの配合例の図。70%が植物油、30%が卵、酢、調味料、香辛料です。キューピーマヨネーズはコクとうま味のある卵黄タイプのマヨネーズです。

キユーピー マヨネーズは卵黄を使っていて、450gのマヨネーズには卵黄が約4個入っています。
原料の卵は鮮度のよさはもちろん、鶏のエサや水、衛生面に関することまで指定農場と相談し、定期的に確認しています。
そして卵で特に大切なのが鮮度。新鮮な卵でなければ、割卵機で卵黄と卵白をきれいに分けることもできません。そこで、卵が工場についたらすぐに鮮度チェックを行い、基準に適合していることを確認しています。
卵は傷みやすく衛生的に管理する必要があります。
自分たちで責任を持って扱うため、割卵は、私たちのグループ会社で行っています。

植物油

キユーピー マヨネーズでは菜種油や大豆油などをブレンドした植物油を原料に使用。
その精製工程は調達先と細かいところまで確認し合っています。こうして設けた「キユーピースペック」と呼ばれる独自の基準は、安全でおいしい商品づくりを支えています。
また、調達先からあらかじめサンプルを取り寄せ、調査を行い、合格した原料だけを受け入れています。その合格した植物油は、私たちのグループの車両で調達先まで受け取りに行っています。植物油の基準づくり、製造、品質確認、輸送まで、すべてに私たちは関わっているのです。

かつて、日本で製造されている酢は米などを原料にした和風の酢が主体で、洋風調味料であるマヨネーズが合う酢の入手は困難でした。そこで私たちは、1962年に専門会社であるキユーピー醸造を作り、試行錯誤の末、リンゴ果汁やモルトなどを原料にキユーピー独自の技術で醸造した風味豊かなマヨネーズ専用酢をつくりあげました。

ページの先頭へ戻る