TOP / 商品情報 / おいしさのヒミツ

おいしさのヒミツ

乳化のチカラでまろやかに

本来、油と水は混ざりませんが、卵黄の『乳化』という力で混ざり合うことができるようになります。
この『乳化』の力でマヨネーズは出来上がります。
また、油の粒子を2/1000~4/1000mmまで細かくすることで、マヨネーズはなめらかな舌ざわりになります。キユーピー マヨネーズは、手作りのマヨネーズより油の粒子が細かく、よりまろやかです。

マヨネーズの粒子比較の図。キユーピー マヨネーズと手づくりマヨネーズ。タイプのマヨネーズです。

製造後にコクとうま味がアップ

製造後、卵黄由来のコク成分(ペプチド)とうま味成分(アミノ酸)が急激に増加。
卵黄が多いほどコクとうま味はアップします。
キユーピー マヨネーズは製造直後よりも、食卓に届く頃おいしくなります。

マヨネーズ中のペプチドの変化
マヨネーズ中のアミノ酸の変化
  • うま味は基本五味の一つ。ここではアミノ酸由来のうま味のことを指します。
  • コクは、味わいが複雑で、広がりや持続性を感じること。ここではペプチド由来のコクのことを指します。
2021年 No.97 ニュースリリース

酸素から守る工夫

酸素は植物油を酸化させ、風味を劣化させてしまいます。
キユーピー マヨネーズでは「酸素を除く」「遮断する」ために、数々の工夫をしています。

マヨネーズの容器の酸素から守る工夫の図。ボトルの口部の空気は窒素に置換。口部はアルミシールで酸素を遮断。多層構造の容器。おいしさロングラン製法で植物油に残る酸素も取り除きます。

更なる工夫で賞味期限を延長

2002年から導入した「おいしさロングラン製法」に加えて、製造工程中の酸素レベルを下げることで、賞味期限を12ヵ月に延長しました。(一部容量)

2016年 No.1 ニュースリリース
ページの先頭へ戻る