桜えびとコーンのねぎマヨ炒め

写真:桜えびとコーンのねぎマヨ炒め

バターで香ばしく炒めた桜えびとコーンがキューピーハーフのコクによく合います。おつまみにもおすすめです。

  • 調理時間 5分
  • エネルギー 153kcal
  • 食塩相当量 0.7g
  • 野菜摂取量 13g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

桜えび 大さじ2
玉ねぎ 1/8個 24g
バター 大さじ1
小ねぎ 適量
キユーピー ハーフ 大さじ2
サラダクラブ 北海道コーン ホール 1袋(100g)

作り方

1フライパンにバターを熱し、みじん切りにした玉ねぎを入れて炒める。
香りが出たらコーンと桜えびを加える。

21にキユーピーハーフと小口切りにした小ねぎを加えて和える。

調理のポイント

キユーピーハーフの量はお好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 153kcal
たんぱく質 3.2g
脂質 11g
炭水化物 8.5g
食塩相当量 0.7g
野菜摂取量 13g

玉ねぎを活用しよう

お通し・おつまみ・オードブルのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について 玉ねぎの基本情報

秋|旬は4〜6月,9〜12月

玉ねぎの話

玉ねぎは、東欧系の辛み品種と南欧系の甘み品種があり、皮の色や大きさにより黄玉ねぎ、白玉ねぎ、赤玉ねぎ、小玉ねぎなどに分けられます。日本で流通しているのは辛み品種の黄玉ねぎが多く、貯蔵性が高いのも特徴です。通常、玉ねぎは日もちをよくするために、収穫してから1ヶ月くらい風にあてて乾燥させてから流通させています。新玉ねぎといわれるものは、黄玉ねぎや白玉ねぎを早取りし、すぐに出荷したもので、皮が薄く、実の水分が多くてやわらかい、という特徴があります。また、みずみずしく、辛みが少ないので、サラダなどに入れて生食するのがおすすめです。

このレシピが関連するカテゴリー