しいたけのゆずこしょうマヨネーズ焼き

写真:しいたけのゆずこしょうマヨネーズ焼き

大分県の代表食材「しいたけ」と九州の調味料「柚子こしょう」を使用。 マヨネーズと粉チーズの焼ける香ばしさが食欲をそそる、トースターで焼くだけのかんたんメニューです。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 112kcal
  • 食塩相当量 0.5g
  • 野菜摂取量 0g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

しいたけ(生) 4個 44g
粉チーズ 小さじ1
ゆずこしょう 小さじ1/4
キユーピー マヨネーズ 大さじ2

作り方

1しいたけは軸を取り、かさの裏側にゆずこしょうをぬる。
さらにマヨネーズをぬって、粉チーズをふる。

21をアルミホイルにのせ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。

調理のポイント

ゆずこしょうの量はお好みで調節してください。
オーブントースターの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 112kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 11.6g
炭水化物 1.4g
食塩相当量 0.5g
野菜摂取量 0g

このレシピに使われている商品

しいたけを活用しよう

その他野菜料理のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について しいたけの基本情報

秋|旬は3〜5月,9〜11月

しいたけの話

うまみたっぷりのしいたけは、料理の具としてだけではなく、だしとしても重宝されているきのこ。生しいたけは肉厚の食感が楽しめる天ぷらや炒め物などに、干ししいたけはだしやうまみがポイントの煮物や佃煮にと、料理に合わせて使い分けるのがおすすめです。


しいたけの栄養の話

しいたけは、低カロリーで、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富。だしの素にもなるうまみは、アミノ酸の一種グルタミン酸によるものです。また、しいたけに含まれるエルゴステリンという物質は、日に当たることでビタミンDに変化。ビタミンDにはカルシウムの吸収を助けてくれる効果があるので、多めに購入した場合は天日干しにするのもいいでしょう。

このレシピが関連するカテゴリー