ほうれん草と南部せんべいのマヨパフタルト

写真:ほうれん草と南部せんべいのマヨパフタルト

ごま入りの南部せんべいに、マヨネーズと卵白を 合わせたふわふわのソースをかけ、タルト風に仕上げた 一品です。マヨネーズとしょうゆで下味をつけた ほうれん草がゆで卵とよく合います。      

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 510kcal
  • 食塩相当量 1.9g
  • 野菜摂取量 55g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ほうれん草 4株 110g
南部せんべい ごま入り 4枚 88g
ゆで卵 2個 100g
卵白 1個分 33g
しょうゆ 小さじ1
適量
キユーピー マヨネーズ 大さじ4・1/3

作り方

1ほうれん草は塩(少々)を加えた熱湯でゆでて水にとり、水気をしぼり、
長さ1.5cmに切る。

2ボウルに1を入れ、しょうゆとマヨネーズ大さじ1を加えて和える。

3卵白に塩(少々)を加えて角が立つまで泡立て、残りのマヨネーズを加える。

4南部せんべいの裏側に輪切りにしたゆで卵を並べ、2をのせる。
3をかけ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。

調理のポイント

オーブントースターの加熱時間は様子をみて調節してください。
南部せんべいのかわりに、塩味(甘くない)せんべいやクラッカーなどを使ってもよいでしょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 510kcal
たんぱく質 15.5g
脂質 34.3g
炭水化物 34.2g
食塩相当量 1.9g
野菜摂取量 55g

このレシピに使われている商品

ほうれん草を活用しよう

お通し・おつまみ・オードブルのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について ほうれん草の基本情報

冬|旬は11〜2月

ほうれん草の話

品種改良や栽培法により、今では一年中出回るほうれん草ですが、もともとの旬は冬。 寒さに強いほうれん草は、冬霜にあたることで甘みもおいしさもアップします。さらに、栄養価もパワーアップするので、冬場に出回る露地物をチェックするのがおすすめです。アクが強いので、加熱してから食べるのが一般的でしたが、最近では生で食べられるように改良された、サラダほうれん草も登場。やわらかく、くせがないので、よりいっそう、食卓に身近な存在となりました。


ほうれん草の栄養の話

栄養価の高い野菜として知られる、ほうれん草。 ほうれん草100gには、一日に必要なβ-カロテンの量と、鉄分の必要1/3量をとることができるといわれています。 さらに鉄分の吸収を助けるビタミンCも豊富なので、鉄分不足解消にも効果的です。ちなみに、ビタミンCはビタミンEといっしょに食べることでパワーアップ。 ビタミンEはごまに多く含まれているので、ほうれん草のごま和えは理にかなった料理なのです。

このレシピが関連するカテゴリー