新玉ねぎのステーキ

写真:新玉ねぎのステーキ

じっくり焼いた新玉ねぎとアスパラガスが、すりおろした玉ねぎと炒めたにんにくがきいたドレッシングによく合います。 

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 187kcal
  • 食塩相当量 1g
  • 野菜摂取量 215g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

新玉ねぎ 2個 380g
グリーンアスパラガス 2本 32g
プチトマト 2個 18g
サラダ油 大さじ1
キユーピー すりおろしオニオンドレッシング 大さじ3

作り方

1新玉ねぎは4等分の輪切りにする。

2グリーンアスパラガスはピーラーで下半分の皮をむいて、長さ半分に切る。

3フライパンに油をひいて熱し、①を入れ、焼き目がついたら、返し、
ふたをして、蒸し焼きにする。
新玉ねぎに火が通ったら、②とプチトマトを加えて色よく焼き、
火を止めてから、ドレッシングを加えて、味をからめる。

栄養成分(1人分)

エネルギー 187kcal
たんぱく質 3g
脂質 10.7g
炭水化物 21.1g
食塩相当量 1g
野菜摂取量 215g

このレシピに使われている商品

新玉ねぎを活用しよう

その他野菜料理のレシピ

キユーピー すりおろしオニオンドレッシングを使ったレシピ


素材について 新玉ねぎの基本情報

春|旬は3〜5月

新玉ねぎの話

玉ねぎには、皮の色や大きさにより、黄玉ねぎ、白玉ねぎ、赤玉ねぎ、小玉ねぎなどの種類があります。 新玉ねぎとは、黄玉ねぎや白玉ねぎを早取りし、すぐに出荷したもの。通常、玉ねぎは日もちをよくするために、収穫してから1ヶ月くらい風にあてて乾燥させますが、新玉ねぎはすぐに出荷するため、皮が薄く、実の水分が多くてやわらかい、という特徴があります。また、みずみずしく、辛みが少ないので、サラダなどに入れて生食するのがおすすめです。 通年出回っている玉ねぎのほとんどは黄玉ねぎですが、最近では鮮やかな赤紫色の赤玉ねぎや、小玉ねぎも多く見られるようになりました。赤玉ねぎはサラダに、小玉ねぎはシチューなどの煮込み料理にと、用途に合わせて使い分けてみましょう。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す