かぶと鶏ひき肉の豆板醤マヨ炒め

メール
送信
写真:かぶと鶏ひき肉の豆板醤マヨ炒め

最初にかぶをマヨネーズで炒めることで、かぶの苦みを和らげ、コクが増します。豆板醤で中華風に仕上げました。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 233kcal
  • 食塩相当量 0.6g
  • 野菜摂取量 175g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

かぶ 4個 310g
かぶの葉 1個分 40g
鶏ひき肉 100g
豆板醤 小さじ1/2
キユーピー マヨネーズ 大さじ2

作り方

1かぶは皮をむき、8等分に切る。かぶの葉は小口切りにする。

2フライパンにマヨネーズを入れて熱し、①のかぶを入れ、中火でゆっくり炒める。
マヨネーズが透明になって、香ばしい香りが出てきたら、いったんかぶを取り出す。

3②に豆板醤を入れて香りが出たら、鶏ひき肉を加えて炒める。
鶏ひき肉の色が変わったら、①のかぶの茎と葉を加え、②のかぶを戻し、
さっと炒める。

調理のポイント

豆板醤の量はお好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 233kcal
たんぱく質 10.5g
脂質 17.4g
炭水化物 8.4g
食塩相当量 0.6g
野菜摂取量 175g

このレシピに使われている商品

かぶを活用しよう

その他肉料理のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について かぶの基本情報

冬|旬は3〜5月,10〜12月

かぶの話

春の七草に謳われる「すずな」はかぶを指すことからもわかるように、歴史は古く、「古事記」や「日本書紀」にも栽培などの記述があります。その頃には、根の部分よりも葉の方を主に食べていたとも言われています。日本の各地で土地や気候にあった品種が生まれ、80品種以上が栽培されているとか。聖護院かぶや天王寺かぶはその代表格です。かぶは煮崩れしやすいので、調理する時は、煮過ぎに注意しましょう。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す