新じゃがいもとゆで卵のガーリックマヨ焼き

メール
送信
写真:新じゃがいもとゆで卵のガーリックマヨ焼き

ほくほくの新じゃがいもに、ガーリック入りのマヨネーズソースをかけて焼きました。こんがりジューシーな風味が食欲をそそります。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 317kcal
  • 食塩相当量 1.4g
  • 野菜摂取量 18g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

新じゃがいも 5個 200g
ゆで卵 2個 100g
グリーンアスパラガス 2本 32g
A おろしにんにく 小さじ1/2
A 牛乳 大さじ1
A 小さじ1/3
A こしょう 少々
キユーピー マヨネーズ 大さじ1+線描き

作り方

1新じゃがいもはよく洗い、皮つきのまま4等分に切る。ぬれたまま耐熱容器にのせ、ラップをかけ、レンジ(500W)で約6分加熱する。

2ゆで卵は縦半分に切り、さらに半分に切る。グリーンアスパラガスはピーラーで下半分の皮をむき、長さ2cmの斜め切りにする。

3耐熱容器に①と②を並べ、マヨネーズ大さじ1とAを混ぜ合わせてかける。さらにマヨネーズで線描きをし、オーブントースターで約10分焼く。

調理のポイント

レンジとオーブントースターの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 317kcal
たんぱく質 9.5g
脂質 22.4g
炭水化物 18.9g
食塩相当量 1.4g
野菜摂取量 18g

このレシピに使われている商品

新じゃがいもを活用しよう

その他たまご料理のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について 長芋の基本情報

長芋

冬|旬は11〜3月

長芋の話

長芋は「ヤマノイモ」の一種で、山で自生していたことからこの名がつきました。 生食できるのが特徴で、生ではシャキシャキの歯ごたえ、加熱するとホクホクの食感を楽しめます。また、すりおろしたものは、生だとトロトロ、加熱するとフワフワした食感に変化します。お好み焼きに加えるとふんわりと仕上がります。 晩秋〜冬が主な収穫期ですが、地域によっては土の中で越冬、追熟させて春掘りし、年2回の収穫が行われています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す