白菜とりんごとハムのサラダサンド

写真:白菜とりんごとハムのサラダサンド

写真は1人分です

みずみずしい白菜を細切りにしてキユーピーハーフで和え、パンにはさみました。ハムとりんごを合わせれば、白菜ならではの新しいおいしさに出会えます。

  • 調理時間 10分
    (白菜の塩もみ時間は除く)
  • エネルギー 525kcal
  • 食塩相当量 5.4g
  • 野菜摂取量 135g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

食パン(全粒粉) 4枚(8枚切)
白菜 1/8個 240g
スプラウト(ブロッコリー) 30g
りんご 1/2個 110g
ハム 3枚 45g
くるみ 5個 15g
小さじ1
こしょう 少々
キユーピー ハーフ 大さじ4+小さじ4
キユーピー あらびきマスタード 小さじ2

作り方

1白菜は長さ4cmに切り、さらに7mm幅の細切りにする。
塩をかけてもみ、約10分おいて水気をしぼる。

2ハムは8mm幅の細切りする。りんごはよく洗い、皮つきのまません切りにする。
くるみは粗みじん切りにする。スプラウトは根元を切り落とし、半分に切る。

3ボウルに①と②を入れ、キユーピーハーフ大さじ4、あらびきマスタード、こしょうを加えて混ぜ合わせる。

4食パンはオーブントースターで軽く焼き色がつくまで焼き、内側片面にキユーピーハーフを小さじ1ずつぬる。

5④の食パン1枚に、③の半量をのせ、もう1枚の食パンではさむ。同様にもう1つ作り、半分に切る。

調理のポイント

オーブントースターの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 525kcal
たんぱく質 15.6g
脂質 26.2g
炭水化物 57.9g
食塩相当量 5.4g
野菜摂取量 135g

食パンを活用しよう

サンドイッチのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について 白菜の基本情報

冬|旬は11〜2月

白菜の話

冬野菜の代表格といえば、甘みのある白菜。貯蔵性が高いので、冬場の野菜不足の解消に活躍します。白菜は内葉、外葉、芯など部位によって、味わいも栄養も異なるので、料理の際にはそれぞれの特徴を生かして使うのがポイントです。 たとえば、少しかための外葉は、炒め物やその葉の大きさを生かしてロール白菜などに使うのがおすすめ。一方、やわらかい内葉は、甘みを生かし鍋料理にしましょう。 特に柔らかい部分はサラダにも利用できます。芯も鍋料理やスープ向き。ただし、葉よりも火の通りに時間がかかるので、芯の厚い部分はそぎ切りにして、火の通りにムラのないように工夫しましょう。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す