うずらうさぎのマカロニサラダ

メール
送信
写真:うずらうさぎのマカロニサラダ

写真は1人分です

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 317kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 24g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

マカロニ 30g
ブロッコリー 2房 30g
ミニトマト 2個 18g
ウインナー 6本(小) 18g
のり 適量
少々
こしょう 少々
キユーピー マヨネーズ 大さじ3
サラダクラブ 北海道コーン(ホール) 1袋 50g
サラダクラブ うずら卵水煮(国産) 1袋 57g

作り方

1マカロニは塩を加えた熱湯で袋の表示通りゆで、流水で冷やして水気をよくきる。
ゆであがる約2分前にウインナーと小房に分けたブロッコリーを加え、一緒にゆでる。

2①のウインナーは粗熱が取れたら2本を縦半分に切り、長さを半分にしてうさぎの耳を作る。

3残りのウインナーは1cmの輪切りにする。①のブロッコリーは1.5cmの角切りにし、ミニトマトは4等分のくし形切りにする。うずら卵は2個を半分に切る。

4ボウルに①のマカロニ、③、コーンを入れてマヨネーズで和え、塩・こしょうで味をととのえる。

5器に④を盛りつけ、残りのうずら卵をのせる。②で耳をつけ、のりで顔を作る。

調理のポイント

水っぽくならないように、マカロニは水気をよくきってから和えましょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 317kcal
たんぱく質 8.9g
脂質 23.8g
炭水化物 16.8g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 24g

マカロニを活用しよう

マカロニ・スパゲティサラダのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について ブロッコリーの基本情報

冬|旬は12〜3月

ブロッコリーの話

ブロッコリーはもともと野生のキャベツを品種改良して生まれたもの。これをさらに改良したのがカリフラワーです。 ふだん食べているのは花蕾といわれる部分ですが、茎もやわらかく栄養もたっぷりなので、残さず使い切りましょう。花蕾と茎では火の通りがちがうので、ゆでるときは切り分けて茎から先に鍋に入れるのがコツ。加熱しすぎると食感も味も悪くなるので、色よく火が通る程度で引き上げたらザルに広げて冷まし、水気をしっかりきりましょう。


このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す