スライス大根とツナのサラダ

メール
送信
写真:スライス大根とツナのサラダ

薄くスライスした大根のシャキシャキとした歯ごたえがやみつきになるサラダです。キユーピーハーフとを使うことで、独自のマイクロエマルション製法によるマヨネーズらしいとろみが野菜の水分を包み込み、水っぽくなりにくく、みずみずしいおいしさがたのしめる一品です。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 165kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 118g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

レシピをたくさん
私好みに保存!

kewpie IDに無料で今すぐ登録!

材料(2人分)

大根 1/4本 200g
大根の葉 35g
ツナ(缶詰) 1缶 70g
少々
黒こしょう 適量
キユーピー ハーフ 大さじ2

作り方

1大根は皮をむき、スライサーで薄切りにする。大根の葉はざく切りにする。ボウルに入れ、塩をふって、水気をきる。

2ボウルに①と汁気をきったツナを入れ、ハーフで和える。

3器に②を盛りつけ、黒こしょうをふる。

栄養成分(1人分)

エネルギー 165kcal
たんぱく質 7.4g
脂質 12.8g
炭水化物 5.5g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 118g

このレシピに使われている商品

大根を活用しよう

グリーンサラダ・ミックスサラダのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について 大根の基本情報

冬|旬は10〜3月

大根の話

古名は「おおね」で大根の字が当てられていましたが、後に音読みの「だいこん」になりました。生のまますりおろせば、自然の辛みが味わえ、コトコト煮れば甘みが増す、和食においてなくてはならない食材です。 春の七草の一つに「すずしろ」と数えられることからも、日本の食卓との深い関わりが伺えます。通年出回っていますが、冬の時期の大根は甘みがより増してくるのが特徴。煮物やおでんなどに向いています。 大根は、かつては全国各地で固有のものが栽培され、200品種を超えるといわれていましたが、最近では青首大根が主流。甘みがあり、大きさも手ごろなことから、青果売場にならんでいます。一方、地方ごとに工夫された漬け物や切り干しなどの保存食として加工されたものも広く流通されるようになりました。

部位別のおすすめの調理法

上部 甘みがあって食感がよい上部は、サラダやマリネに
中部 やわらかくて甘みがある中部は、煮物やステーキに
下部 辛みが強く水分が少ない下部は、濃いめの味つけの炒め物やスープに

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す