セロリの選び方

セロリを簡単に選ぶには

茎の部分が太くてハリがあり、肉厚なものがおすすめ。また、筋がでこぼこしているほうが、より新鮮です。 葉はシャキッとしてツヤがあり緑色が濃いものがベスト。節より下の茎の部分が20cm以上あるほうが、茎がしっかりしており、料理にも使いやすくなります。


セロリの仲間たち

セロリは茎葉の色によって、黄色種、緑色種、中間種、赤色種、白色種に大別されます。サラダでの利用が増えたことで、最近ではよい香りの中間種が流通の主流となっています。

コーネルセロリ(セロリ) 一般的に出回っているセロリ。独特の香りと食感が特徴です。生でサラダにするほか、スープや炒め物にも向いています。
ホワイトセロリ 水耕栽培で作られた茎の白いセロリ。香りが弱く筋がないので食べやすく、生食に向いています。

この素材を使ったレシピ


春の食材