とうもろこしの選び方

とうもろこしを簡単に選ぶには

皮付きの場合、皮は緑が濃く、先端のひげは褐色あるいは黒褐色のものが完熟しています。また、ひげは1本1本粒とつながっているので、ひげが多いものほど粒が多いものにあたります。実が先までぎっしりと詰まっておりすき間のないもの、粒が大きくふっくらしていてそろっているものが良品です。


とうもろこしの仲間たち

とうもろこしは長い歴史の中で用途に合わせてさまざまな品種が開発されている野菜です。生食向きのもの。果物並みの糖度のあるものなど特徴もさまざまですので、用途に合わせて選びましょう。

ハニーバンダム・ピーターコーン スイートコーンの代表品種で最も多く栽培されているとうもろこしです。そのまま蒸したり、ゆでたり、バーベキューの素材にするなど広く利用されています。
ピュアホワイト 粒が小さくて白く甘みも強いのが特徴です。皮がうすいので、生食でも楽しめるとうもろこしです。
ヤングコーン とうもろこしの生食用品種を若採りしたものをヤングコーンといいます。丸ごと炒め物やサラダに使うのに向いています。

この素材を使ったレシピ


夏の食材