ピーマンの保存方法

ピーマンを保存するときは

ピーマンに水気は禁物。ていねいにふいて、ポリ袋に入れて密封し、室温が15℃以下の場合は常温で保存しましょう。室温が15℃を超える場合は冷蔵庫でも、温度が高めな野菜室に入れましょう。まとめて保存する場合、1個でも傷んでくると他に伝染してしまいます。傷んだ部分は捨てて、早めに使うようにしましょう。また、使いかけのものは、傷みやすいヘタと種を取り除き、ラップに包んで冷蔵庫で保存し、2-3日で使い切りましょう。長期保存したい場合は、生のままカットして冷凍、もしくはさっと茹でてから冷凍保存します。そのまま使えるのでスープや炒め物に便利です。保存期間は1ヵ月を目安に使い切りましょう。

ピーマンを使ったレシピ


春の食材