豆苗の基本情報

旬はオールシーズン

豆苗の話

豆苗(とうみょう)はえんどうが発芽し、本葉が出て、ある程度の大きさになった芽の先端を摘み取って食用にするものです。中国では古くから食材として収穫され、手間がかかることから高値で取引されてきたようです。1970年代に入ると日本でも食べられはじめ、最近では水耕栽培など工場で豆を発芽させた状態の豆苗が年間通して安定生産が可能となり、一般野菜として家庭にも浸透してきました。


豆苗の栄養の話

たんぱく質と炭水化物が比較的多い緑黄色野菜で、β-カロテンやビタミンCなどの抗酸化ビタミンと代謝を促すビタミンB群、さらに骨の形成に有効なビタミンKを豊富に含んでいます。

豆苗を使ったレシピ


オールシーズンの食材