オクラの基本情報

夏|旬は7月~9月

オクラの話

「オクラ」という名は和名のように感じますが実は英名。原産地はアフリカといわれ、エジプトでは紀元前2世紀から栽培されていたとか。夏に旬を迎えますが、ハウス栽培や外国からの輸入もあり、店頭では一年を通じて見かけることができます。特徴的なネバネバと、星形に似た切り口が人気で、煮物、和え物と、広く料理に使われています。


オクラの栄養の話

オクラといえば、なんといっても刻んだときのネバネバが特徴的。これは、ペクチンなどの水溶性の食物繊維によるものです。他にもβ―カロテン、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄などを含みます。栄養を無駄なく摂るためには、生のままか、ゆで時間を短めにするのがポイントです。

オクラを使ったレシピ


夏の食材