七夕冷製スパゲッティ

写真:七夕冷製スパゲッティ

写真は1人分です

具材をかわいらしく飾りつけた、七夕におすすめの冷製スパゲッティです。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 657kcal
  • 食塩相当量 4g
  • 野菜摂取量 98g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

スパゲッティ 200g
黄パプリカ 1/2個 80g
プチトマト 6個(小) 54g
オクラ 4本 36g
きゅうり 適量
えび(小) 8尾 140g
ハム 3枚 45g
のり 適量
適量
キユーピー3分クッキング パスタを手作りオイルソース ガーリック&赤とうがらし 大さじ4
サラダクラブ うずら卵水煮(国産) 4個 38g

作り方

1黄パプリカは星形で4個型抜きし、残りは1cmの角切りにする。
プチトマトは4個は4等分のくし形切りにし、さらに半分に切る。
オクラは塩をまぶして板ずりする。
ハム2枚は短冊切りにする。

2えびは殻をむいて背ワタを取り、熱湯でゆでる。

3スパゲッティは塩を加えた熱湯で袋の表示より2分長めにゆで、流水で
冷やして水気をよくきる。
同じ湯で1のオクラをゆでて水にとり、水気をきって輪切りにする。

4ボウルに1〜3を入れ、オイルソースで和える。

5【彦星】
長さ3cmに切ったきゅうりにうずら卵をのせ、ピックで刺す。長方形ののりを用意し、
中央を三角に切り、うずら卵にのせ、髪の毛にする。目と口ものりで作り、顔を作る。
同様にもう1個作る。
【織姫】
1プチトマトにうずら卵をのせ、ピックで刺す。
2ハム1枚は半分に切る。1のプチトマトに巻き、長さ2cmの乾燥パスタ(分量外)でとめて、
着物にする。
3彦星の髪の毛を切りとった余りののりをうずら卵に巻きつけ、髪の毛にする。
目と口ものりで作り、顔を作る。
同様にもう1個作る。

6器に4を盛りつけ、5を添える。

栄養成分(1人分)

エネルギー 657kcal
たんぱく質 33.4g
脂質 20.1g
炭水化物 81g
食塩相当量 4g
野菜摂取量 98g

パプリカを活用しよう

冷製パスタのレシピ

キユーピー3分クッキング パスタを手作りオイルソース ガーリック&赤とうがらしを使ったレシピ


素材について オクラの基本情報

夏|旬は7月~9月

オクラの話

「オクラ」という名は和名のように感じますが実は英名。原産地はアフリカといわれ、エジプトでは紀元前2世紀から栽培されていたとか。夏に旬を迎えますが、ハウス栽培や外国からの輸入もあり、店頭では一年を通じて見かけることができます。特徴的なネバネバと、星形に似た切り口が人気で、煮物、和え物と、広く料理に使われています。


オクラの栄養の話

オクラといえば、なんといっても刻んだときのネバネバが特徴的。これは、ペクチンなどの水溶性の食物繊維によるものです。他にもβ―カロテン、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄などを含みます。栄養を無駄なく摂るためには、生のままか、ゆで時間を短めにするのがポイントです。

このレシピが関連するカテゴリー