ゴーヤーのジャーマン風炒め

写真:ゴーヤーのジャーマン風炒め

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 355kcal
  • 食塩相当量 1.5g
  • 野菜摂取量 43g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ゴーヤー 1/2本 85g
じゃがいも 2個 220g
ベーコン 3枚 60g
少々
こしょう 少々
キユーピー マヨネーズ 大さじ3

作り方

1ゴーヤーは縦半分に切り、ワタと種を取り、薄切りにして
塩水にさらして水気をきる。           

2じゃがいもは皮をむいて5mm角の拍子木切りにし、水にさらして水気をきる。

3ベーコンは1cm幅に切る。

4フライパンにマヨネーズ大さじ1を入れて火にかけ、2を入れて弱火で
炒める。火が通ったら1、3を加えて炒める。

5仕上げにマヨネーズ大さじ2、塩・こしょうで味をととのえる。

調理のポイント

ゴーヤーの白いワタの部分は特に苦味が強いので、スプーンで丁寧に取り
除いてください。
じゃがいもは火が通りにくいので、焦げないように弱火で炒めましょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 355kcal
たんぱく質 6.6g
脂質 27.6g
炭水化物 21g
食塩相当量 1.5g
野菜摂取量 43g

このレシピに使われている商品

ゴーヤーを活用しよう

その他野菜料理のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について ゴーヤーの基本情報

夏|旬は7〜8月

ゴーヤーの話

ゴーヤーとは沖縄地方の方言でにがうりのこと。他にもつるれいしとも呼ばれます。九州南部、沖縄地方で生産され、沖縄ブームとともに健康野菜として人気を集めています。鮮やかな緑とくせのある味から緑黄色野菜と思われがちですが、カロテン量が意外に少なく(210μg)淡色野菜です。表面のイボは水を貯める働きもあって、干ばつなど厳しい気候でも生きていけるたくましさがあります。また、ゴーヤーが苦いのは、種がじゅうぶんに熟す前に、動物に食べられないための知恵ともいわれています。


ゴーヤーの栄養の話

ゴーヤーはその独特の苦味が特徴。苦味は、果皮に含まれるモモルデシンという成分で、食品としてはゴーヤーからはじめて発見された栄養成分です。また、他の野菜にくらべてビタミンCが豊富で加熱してもほとんど壊れず残っているのもポイント。ほかにもβ-カロテン、ミネラルも含まれており、夏場で食が細くなったときの栄養補給にぴったりの野菜です。

このレシピが関連するカテゴリー