かぼちゃとツナのディップ

写真:かぼちゃとツナのディップ

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 343kcal
  • 食塩相当量 1.1g
  • 野菜摂取量 57g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(4人分)

かぼちゃ 200g
玉ねぎ 1/8個 24g
バジル(粉) 少々
黒こしょう 少々
牛乳 1/4カップ 53g
キユーピー マヨネーズ 大さじ6
サラダクラブ ライトツナ(フレーク) 1袋 80g
フランスパン 1/2本 130g
ベビーリーフ 適量

作り方

1かぼちゃはワタと種を取り、さっと洗い、乾いたクッキングペーパーで包み、
さらにラップでふんわり包んで、レンジ(500W)で約5分加熱し、
熱いうちにフォークなどでつぶす。 

2玉ねぎはみじん切りにし、水にさらす。

3フランスパンは厚さ7mmに切り、軽くオーブントースターで焼く。

4①、②、汁気をきったツナ、マヨネーズ、牛乳、黒こしょう、バジル
をなめらかになるまで混ぜ合わせる。

5④をディップ皿に盛りつけ、ベビーリーフを飾り、③を添える。

調理のポイント

フランスパンの代わりにクラッカーなどでもおいしく召しあがれます。
牛乳の量はお好みの固さに合わせて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 343kcal
たんぱく質 8.8g
脂質 20.8g
炭水化物 30.5g
食塩相当量 1.1g
野菜摂取量 57g

かぼちゃを活用しよう

お通し・おつまみ・オードブルのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について かぼちゃの基本情報

夏|旬は5〜8月

かぼちゃの話

かぼちゃの名の由来は、ポルトガル人が寄港地のカンボジアからもたらしたことにちなむといわれています。かぼちゃは、大きく分けて「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3種類があります。一番最初に日本に伝来したのは「日本かぼちゃ」。味は淡泊ですが、粘りがあり、煮くずれしにくいので、煮物や蒸しものに向いています。現在では糖質の多い「西洋かぼちゃ」が日本のかぼちゃの大半を占めています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す