りんごとじゃがいものマスタードマヨ炒め

メール
送信
写真:りんごとじゃがいものマスタードマヨ炒め

マヨネーズで炒めたりんごは甘みが増し、ほくほくしたじゃがいもによく合います。マスタードの辛みがアクセントです。 

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 226kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 0g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

りんご 1/2個 110g
じゃがいも 1個 110g
ソーセージ 3本 60g
イタリアンパセリ 適量
黒こしょう 適量
キユーピー マヨネーズ 大さじ1
キユーピー あらびきマスタード 大さじ1/2

作り方

1りんごは皮つきのまま、ひと口大に切る。

2じゃがいもは洗った後ぬれたまま、乾いたクッキングペーパーで包み、
さらにラップでふんわり包んで、レンジ(500W)で約3分加熱し、
皮をむいて、ひと口大に切る。

3ソーセージは斜め半分に切る。

4フライパンにマヨネーズを入れて火にかけ、①~③を炒める。
焼き目がついたら火を止め、マスタードを加えて和える。

5器に④を盛りつけ、黒こしょうをふり、イタリアンパセリを飾る。

調理のポイント

レンジの加熱時間は様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 226kcal
たんぱく質 5.4g
脂質 14.7g
炭水化物 19.2g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 0g

りんごを活用しよう

ポテトサラダのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について リンゴの基本情報

旬は10月~12月

リンゴについて

リンゴの旬は10月~12月。カリウムと食物繊維のペクチン、果糖とブドウ糖を多く含んでいます。皮をむいたら、変色をさけるために塩水にしばらくつけましょう。

【科・属名】 バラ科リンゴ属
【原産地】 ヨーロッパ、西アジア
日本へは明治時代初期にヨーロッパから伝わりました。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す