春菊とゆで卵とクリームチーズのサラダサンド

写真:春菊とゆで卵とクリームチーズのサラダサンド

写真は1人分です

旬の春菊を生のまま使い、ほろ苦さや清涼感がいきたサラダにしました。濃いグリーンと卵のコントラストが映える、鮮やかなサンドイッチです。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 578kcal
  • 食塩相当量 2.7g
  • 野菜摂取量 55g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

食パン(全粒粉) 4枚(8枚切)
春菊 1/2束 110g
ゆで卵 2個 100g
クリームチーズ 30g
パルメザンチーズ 大さじ2
くるみ 5個 15g
黒こしょう 少々
キユーピー ハーフ 大さじ4+小さじ2

作り方

1春菊は長さ3cmに切る。ゆで卵は粗く刻み、くるみは粗みじん切りにする。

2ボウルに①を入れ、キユーピーハーフ大さじ4、パルメザンチーズ、黒こしょうを加えて混ぜ合わせる。

3食パンはオーブントースターで軽く焼き色がつくまで焼く。

4③の食パン1枚の内側片面にクリームチーズを半量ぬり、
②の半量をのせる。もう1枚の食パンの内側片面にキユーピーハーフを小さじ1ぬり、
はさむ。同様にもう1つ作り、半分に切る。

調理のポイント

オーブントースターの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 578kcal
たんぱく質 22.1g
脂質 32.9g
炭水化物 47.1g
食塩相当量 2.7g
野菜摂取量 55g

このレシピに使われている商品

食パンを活用しよう

サンドイッチのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について 春菊の基本情報

冬|旬は11〜2月

春菊の話

冬の代表的な緑黄色野菜で、鍋料理などで活躍します。原産地は地中海沿岸とされ、キクの香りを好まない欧米人は食用とせず、観賞用の植物として栽培しています。日本国内では地域で呼び名は変わり、関西地方では『菊菜(きくな)』と呼ばれています。春菊の苦味は、茎よりも葉に多く含まれ、加熱すると苦味が強くなっていきます。生の状態であれば、苦味をあまり感じませんので、春菊の苦味が苦手な方は、生や10秒程度の短時間加熱がおすすめです。うま味の強いベーコンや濃厚なアボカド、ナッツ等の食材と一緒にサラダにすると、さらに春菊のおいしさが引き立ちます。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す