教えて!離乳食のコツ

離乳食の始め方、月齢別の分量、進め方、
専門家のアドバイスなど、
役立つ情報をまとめました。

月齢別にみる離乳食 離乳食初期 5、6ヵ月頃

※月齢はあくまでも目安で、個人差があります。

赤ちゃんの様子
  • ・一緒に遊びたがるようになります。
  • ・寝返りや手でものを握ることもできるようになります。
  • ・歯が生え始める赤ちゃんもいますが、まだ噛めません。
スプーンでひとさじから離乳食を始めます。
母乳やミルクを飲んでいた赤ちゃんの離乳食がいよいよスタートです。
すべてがはじめての体験ですから、緊張しないで、新しい体験をたのしみましょう。
離乳食を始めて1ヵ月くらいたったら、1回食から2回食に増やしていきます。

5ヵ月頃からのベビーフード

離乳食の進め方

調理のポイント
  1. 1. とろとろのポタージュ状にする
  2. 2. 素材の味をいかした調理を心がける
  3. 3. 人肌くらいの温かさが食べやすい

献立のポイント

  1. 1. まずは消化のよいおかゆを1さじから
  2. 2. 慣れてきたらおかゆに野菜をプラス
  3. 3. 白身魚などのたんぱく質は、1ヵ月をすぎてから

ベビーフードを使った離乳食レシピ・献立

食事支援のポイント

スプーンを下唇にのせて

スプーンの先端部に食べ物をすくい、下唇に軽くのせて、上唇でとり込む動きを待ちます。口をとじないときは、下あごをやさしく押してとじるようにします。

水平にスプーンを
やさしく引き抜く

離乳食を口の中に入れ口をとじたら、水平にスプーンを引き抜きます。そのとき、食べものを舌で押し出してきても慌てずに。スプーンですくい、また戻します。

スプーンは赤ちゃんの
上唇や上あごに
押し付けない

この時期は、口の中に食べものをとり込み、飲み込める位置まで運ぶ練習をしています。スプーンを上唇や上あごに押し付けると、その練習にならないので気をつけます。

スプーンは口の
奥まで入れない

スプーンを口の奥まで入れるのも、唇や舌を使って、のどの奥へ食べものを運ぶ練習の妨げになります。また、のどをついてしまったら危ないので、気をつけます。

5、6ヵ月頃に
おすすめのベビーフード

瓶詰 >

はじめてあげる離乳食も、中身が見えて安心。そのまま食べさせやすく、お出かけにも便利です。

瓶詰

ハッピーレシピ
(レトルトパウチ) >

赤ちゃんの味覚形成を考え、具材感と味づくりの両面からおいしさを追求しました。

ハッピーレシピ(レトルトパウチ)

離乳食初期 5、6ヵ月頃

  • 5ヵ月頃からのベビーフード
  • ベビーフードを使った離乳食レシピ・献立

ページトップへ戻る