教えて!離乳食のコツ

始めの頃は、わからないことがたくさん。
そこで、月齢別の離乳食の基本や、役立つ情報をまとめました。

月齢別にみる離乳食

12~18ヵ月頃

※月齢はあくまでも目安で、個人差があります。

赤ちゃんの様子
  • ・生活のリズムが整ってきます。
  • ・少しずつ歩けるようになります。
  • ・奥歯も生え始めます。
エネルギーや栄養素の大半を食事から。
形のある食べものを噛んで飲み込めるようになり、
エネルギーや栄養素の大部分を母乳または
ミルク以外の食べものからとれるようになったら、離乳の完了です。

離乳食の進め方

調理のポイント
  1. 1. 食材を少しずつ大きくしていく
  2. 2. 手づかみ食べがしやすい調理を
  3. 3. 薄味ながらも味つけに変化

献立のポイント

献立の栄養バランスについて
  1. 1. ごはん、おかず、汁物の三角食べを心がける
  2. 2. 洋風よりも和風の献立を中心に
  3. 3. 食欲をみながらおやつを工夫して
食事支援のポイント

食事に興味を
もつような会話を

自我が少しずつ芽生えてくる時期です。まずは子どもの言動に理解を示しつつ、「どれから食べる?」「おいしいね」などと話しかけて、食事に興味をもつような工夫をします。

自分で食べる動きを
助けるように
環境を整えて

足の裏が床または補助板につく姿勢で、背中をまっすぐ伸ばして座り、上腕を体からやや離したときにひじの関節がテーブルにつく程度の高さに調節します。

子どもの食べる意欲を
引き出して

手づかみ食べの全盛期。この時期は自ら食べようという意欲を引き出すことが大事なので、手づかみ食べを充分にさせましょう。スプーンはテーブルに出しておけば、時期が来ると自然と興味をもち、使うようになります。

哺乳びんとはさようなら

12~18ヵ月頃にはコップを使えるようになるので、少しずつ哺乳びんからコップに切り替えていきましょう。

12~18ヵ月頃

  • 12ヵ月頃からのベビーフード
  • ベビーフードを使った離乳食レシピ・献立

ページトップへ戻る