教えて!離乳食のコツ

離乳食の始め方、月齢別の分量、進め方、
専門家のアドバイスなど、
役立つ情報をまとめました。

月齢別にみる離乳食 離乳食後期 9~11ヵ月頃

※月齢はあくまでも目安で、個人差があります。

赤ちゃんの様子
  • ・つかまり立ちやつたい歩きができるようになります。
  • ・「アーアー」「まんま」などの言葉が出始めます。
  • ・前歯がだんだん増えてきます。
そろそろ歯ごたえのあるものを、噛んで食べます。
歯ぐきを使って、カミカミの練習をします。
やわらかすぎても固すぎても、丸飲みの原因になります。
1日3回の食事のリズムを大切に、家族で食事をたのしみましょう。

9ヵ月頃からのベビーフード

離乳食の進め方

調理のポイント
  1. 1. 食材の固さはバナナくらいを目安に
  2. 2. 手づかみ食べがしやすい調理
  3. 3. 大人の食事を薄めの味付けにするととり分けも可能に

献立のポイント

献立の栄養バランスについて
  1. 1. 3回食の、栄養バランスを考えて
  2. 2. 鉄が不足しやすいので赤身魚、レバーなどもとり入れて
  3. 3. 彩りのよい料理で食欲を引き出そう

ベビーフードを使った離乳食レシピ・献立

食事支援のポイント

赤ちゃんの意思で
選べる食事の配慮を

自分から手を出して食べようとするので、一品ずつではなく、赤ちゃん用の食事は全部揃えてトレーなどにのせて出します。自分の意思で食べるようにしていくと、食べる意欲が育ちます。

手づかみ食べを充分に

いろいろな食べものの形や感触を手指で確かめ、覚えていきます。
自ら手にとって口に運ぶようになるので、ごはんはおにぎりに、野菜はスティック状にしてゆでるなど、手づかみ食べしやすいように工夫します。前歯で自分の一口に合った量を噛みとる練習にもなります。

赤ちゃんの食べる姿勢を確認

自ら食べる動きが始まるので、赤ちゃんの手がテーブルに届き、足の裏が床や補助板につき、やや前傾した姿勢がとれるようにイスをセットします。

食べものの固さを確認

まだ固いものを自分の力ですりつぶして食べることはできません。口から食べものを出すときは固すぎるという理由が多いので、確認してみましょう。

9~11ヵ月頃に
おすすめのベビーフード

瓶詰 >

はじめてあげる離乳食も、中身が見えて安心。そのまま食べさせやすく、お出かけにも便利です。

瓶詰

にこにこボックス
(カップ容器) >

人気の離乳食メニューのアソートタイプ。カップ容器入りでお出かけにも便利です。

にこにこボックス(カップ容器)

すまいるカップ >

おうちでも、おそとでも。お出かけに便利なカップ容器のベビーフードです。

すまいるカップ

ハッピーレシピ
(レトルトパウチ) >

赤ちゃんの味覚形成を考え、具材感と味づくりの両面からおいしさを追求しました。

ハッピーレシピ(レトルトパウチ)

おやつ >

ご家族でご一緒に。おいしく、たのしいおやつです。

おやつ

離乳食後期 9~11ヵ月頃

  • 9ヵ月頃からのベビーフード
  • ベビーフードを使った離乳食レシピ・献立
  • お出かけ時の食事の“コツ”を先輩ママと専門家がアドバイス!

ページトップへ戻る