教えて!離乳食のコツ

離乳食の始め方、月齢別の分量、進め方、
専門家のアドバイスなど、
役立つ情報をまとめました。

月齢別にみる離乳食 離乳食中期 7、8ヵ月頃

※月齢はあくまでも目安で、個人差があります。

赤ちゃんの様子7、8ヵ月頃の赤ちゃんの様子
  • 活発に動くようになり、お座りも上手になります。
  • 表情も豊かになります。
  • 下の前歯、上の前歯の順に2本ずつ生えてきます。

7、8ヵ月頃の赤ちゃんの様子

離乳食の進め方

  1. 1.

    舌を使ってモグモグと食べるようになります。食べものへの興味がさらに広がり、いろいろな味にチャレンジするようになるので、いろいろな味や舌ざわりをたのしめるように食品の種類を増やしていきます。

     

  2. 2.

    1日2回食で食事のリズムをつけていきます。

調理のポイント
  1. 1.

    大人の指でつぶせる程度の固さに
    小さなかたまりを意識して調理を

  2. 2.

    いろいろな素材をとり入れて

食事支援のポイント

ゆったり食事を
ベビーチェアでたのしむ

お座りを一人でできるようになったら、ベビーチェアを使います。足が床やイスの補助板につくような形で座ります。姿勢が安定することで、あごや舌に力が入ります。

ゆったり食事をベビーチェアでたのしむ

スプーンを下唇にのせて、引き抜く

食べものをスプーンの先に置きます。スプーンを赤ちゃんの下唇にのせて、上唇で口の中へ食べものをとり込むのを待ちます。とり込んだあと、スプーンを水平にやさしく引き抜きます。

スプーンを下唇にのせて、引き抜く

スプーンを舌の真ん中より奥に入れない

奥までスプーンを入れてしまうと、食べものをとり込むことが難しくなります。また、むせるなどして危険なので、舌の中央より奥にスプーンを入れるのはやめます。

スプーンを舌の真ん中より奥に入れない

食べものを赤ちゃんのペースで口へ運ぶ

ご家族のペースではなく、赤ちゃんのペースに合わせて与えます。赤ちゃんは、食べものをとり込んだら、モグモグを数回くり返します。飲み込んで口の中が空になってから、次のひとさじを与えます。

食べものを赤ちゃんのペースで口へ運ぶ

7、8ヵ月頃に
おすすめのベビーフード

  • 瓶詰

    はじめてあげる離乳食も、中身が見えて安心。そのまま食べさせやすく、アレンジしてもたのしめます。

    瓶詰

  • にこにこボックス
    (カップ容器)

    人気の離乳食メニューのアソートタイプ。カップ容器入りでお出かけにも便利です。

    にこにこボックス(カップ容器)

  • ハッピーレシピ
    (レトルトパウチ)

    赤ちゃんの味覚形成を考え、具材感と味づくりの両面からおいしさを追求しました。

    ハッピーレシピ(レトルトパウチ)

  • おやつ

    ご家族でご一緒に。おいしく、たのしいおやつです。

    おやつ

ベビーフードを使った
離乳食レシピ・献立

ページトップへ戻る