かつおの基本情報

旬は初夏と秋

かつおの旬は初夏と秋の年二回あり、それぞれ、「初がつお」「戻りがつお」と呼ばれています。

「初がつお」はさっぱりとした味わい。
「戻りがつお」はたっぷりと脂がのっているのが特徴です。

新鮮なものを「たたき」や「刺身」で、好みでにんにく、生姜、ねぎなど薬味を添えて食べるのがおすすめです。

江戸時代には「勝つ男(かつお)」として縁起ものとされ、武士にも好んで食されていました。

また、かつおを加工した鰹節は和食にはかかせない食材として、出汁などさまざまな料理に活用されています。

この素材を使ったレシピ


夏の食材