炙りかつおのにんにく風味

メール
送信
写真:炙りかつおのにんにく風味

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 289kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 4g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

かつお 1さく 250g
パセリ 適量
すだち 1個 5g
にんにく 1かけ 5g
赤唐辛子 適量
少々
こしょう 少々
キユーピー ハーフ 適量

作り方

1かつおは塩・こしょうをふる。フライパンは強火でよく熱し、かつおを転がして焦がし、
表面に焼き目をつけて1cm幅に切る。

2パセリ、にんにく、赤唐辛子は粗いみじん切りにする。

3器に①を盛りつけ、キユーピーハーフで線描きし、②を散らして、すだちをしぼる。

調理のポイント

パセリの代わりに小ねぎを散らしていただいても、おいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 289kcal
たんぱく質 32.3g
脂質 15.5g
炭水化物 2.6g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 4g

このレシピに使われている商品

かつおを活用しよう

その他魚介料理のレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について かつおの基本情報

旬は初夏と秋

かつおの旬は初夏と秋の年二回あり、それぞれ、「初がつお」「戻りがつお」と呼ばれています。

「初がつお」はさっぱりとした味わい。
「戻りがつお」はたっぷりと脂がのっているのが特徴です。

新鮮なものを「たたき」や「刺身」で、好みでにんにく、生姜、ねぎなど薬味を添えて食べるのがおすすめです。

江戸時代には「勝つ男(かつお)」として縁起ものとされ、武士にも好んで食されていました。

また、かつおを加工した鰹節は和食にはかかせない食材として、出汁などさまざまな料理に活用されています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す