ノンオイルとご飯を混ぜて!かつおの手ごね寿司

メール
送信
写真:ノンオイルとご飯を混ぜて!かつおの手ごね寿司

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 448kcal
  • 食塩相当量 0.8g
  • 野菜摂取量 2g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

ご飯 400g
かつお 150g
青じそ 4枚 4g
白ごま 大さじ1
刻みのり 適量
キユーピー ノンオイル梅づくし 適量

作り方

1かつおは斜め薄切りにして、ノンオイル大さじ2をかけておく。

2青じそはせん切りにし、水にさらして水気をきる。

3固めに炊いたご飯に、温かいうちにノンオイルを加えて切るように
混ぜ合わせる。粗熱がとれたら、②と白ごま各半量を加えてさっくりと
混ぜて器に盛りつけ、①をのせる。上に残りの②、白ごま、刻みのりを散らす。

調理のポイント

ご飯にノンオイルを加えるだけでかんたんに酢飯が作れます。
かつおは色が変わりやすいので、手早く処理をするようにしましょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 448kcal
たんぱく質 25.7g
脂質 2.9g
炭水化物 75.9g
食塩相当量 0.8g
野菜摂取量 2g

このレシピに使われている商品

かつおを活用しよう

寿司その他のレシピ

キユーピー ノンオイル梅づくしを使ったレシピ


素材について かつおの基本情報

旬は初夏と秋

かつおの旬は初夏と秋の年二回あり、それぞれ、「初がつお」「戻りがつお」と呼ばれています。

「初がつお」はさっぱりとした味わい。
「戻りがつお」はたっぷりと脂がのっているのが特徴です。

新鮮なものを「たたき」や「刺身」で、好みでにんにく、生姜、ねぎなど薬味を添えて食べるのがおすすめです。

江戸時代には「勝つ男(かつお)」として縁起ものとされ、武士にも好んで食されていました。

また、かつおを加工した鰹節は和食にはかかせない食材として、出汁などさまざまな料理に活用されています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す