ミニお好み焼き

写真:ミニお好み焼き

いつものお好み焼きにツナや豆を入れた、豆のホクホクした食感がたのしめる一品です。お好みソースとマヨネーズがよく合います。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 436kcal
  • 食塩相当量 3.1g
  • 野菜摂取量 50g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(4人分)

A お好み焼きの粉 200g
A 2個 100g
キャベツ 1/4個 200g
お好み焼きソース 適量
青のり 適量
サラダ油 適量
A 200ml
キユーピー マヨネーズ 大さじ2+線描き
サラダクラブ 北海道コーン ホール 1/2袋(50g)
サラダクラブ ミックスビーンズ(ひよこ豆、青えんどう、赤いんげん豆) 1袋 50g
サラダクラブ ライトツナ(フレーク) 1袋 80g

作り方

1ボウルにAとせん切りにしたキャベツを入れ、混ぜる。

21を半分に分けて、一方には汁気をきったツナと
ミックスビーンズを加える。

3ホットプレートに油をひいて熱し、2をそれぞれ小さめに流す。
焼き色がついたら裏返して、両面を色良く焼く。

4コーンをマヨネーズ大さじ2で和える。

5器に3を盛りつけて、4をのせたり、
ソースをぬってマヨネーズで線描きをして、青のりを散らす。

調理のポイント

卵や水の量は、お好み焼きの粉の袋の表示を参考に、
お好みで調節してください。
マヨネーズで和えたコーンは、お好み焼きの生地に混ぜても、
おいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 436kcal
たんぱく質 14.5g
脂質 20.5g
炭水化物 48.1g
食塩相当量 3.1g
野菜摂取量 50g

卵を活用しよう

粉物のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について 卵の基本情報

卵の栄養の話

卵はたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどいろいろな栄養素を含んでいますが、中でも特長的なのが、たんぱく質のアミノ酸バランスのよさです。

人間の体内でつくることができない必須アミノ酸の組成が優れているため、卵のたんぱく質は、もっとも良質で、栄養価の高い食品であるといえます。


このレシピが関連するカテゴリー