鮭の香味ソース焼き

写真:鮭の香味ソース焼き

マヨネーズに野菜のみじん切りを加えるだけで、 香りのいいぜいたくなソースに。 野菜とマヨの相性のよさを生かした一品です。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 334kcal
  • 食塩相当量 2.1g
  • 野菜摂取量 77g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

鮭(甘塩) 2切れ 200g
大さじ1/2
A キユーピー マヨネーズ 大さじ2
A しいたけ(生) 2枚 22g
A ピーマン 1個 34g
A 玉ねぎ 1/4個 47g
プチトマト 8個 72g
レモン 1/4個分 11g

作り方

1鮭に酒をふり、5分ほどおく。

2Aのしいたけ、ピーマン、玉ねぎをみじん切りにし、マヨネーズも加えて
よく混ぜ合わせる。

3鮭にAをたっぷりのせ、中火弱に熱したグリルで7〜8分焼く(または230℃に
予熱したオーブンで10分焼く)。

4器に盛り、プチトマトと半月切りにしたレモンを添える。

出典:
『キユーピーのマヨネーズレシピ』
主婦と生活社 発行

調理のポイント

マヨネーズに野菜のみじん切りを加えるだけで、香りのいいぜいたくなソースに。
野菜とマヨの相性のよさを生かした一品です。

栄養成分(1人分)

エネルギー 334kcal
たんぱく質 23.9g
脂質 22.5g
炭水化物 7.2g
食塩相当量 2.1g
野菜摂取量 77g

このレシピに使われている商品

鮭を活用しよう

その他魚介料理のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について 鮭の基本情報

旬は秋

鮭は産卵期に入ると生まれた川へ帰り、卵を産んで一生を終えます。

産卵するために、海から生まれた川へと戻りはじめる直前の9~11月のものが脂のりが素晴らしく美味しいとされています。

また、春から夏にかけて北海道沿岸で穫れる若い鮭は産卵の疲労がなく、脂がのっているため『ときしらず』と 呼ばれ重宝されています。

このレシピが関連するカテゴリー