パプリカとスナップえんどうのマヨソテー

写真:パプリカとスナップえんどうのマヨソテー

パプリカとスナップえんどうの彩りのきれいな一品です。マヨネーズで炒めることで、コクとうまみが加わります。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 293kcal
  • 食塩相当量 0.7g
  • 野菜摂取量 185g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

赤パプリカ 1個 160g
黄パプリカ 1個 160g
スナップえんどう 10本 50g
ツナ(缶詰) 100g
キユーピー マヨネーズ 大さじ2

作り方

1赤・黄パプリカは縦8等分に切る。
スナップえんどうは筋を取り、熱湯でさっとゆでて水気をきる。

2フライパンにマヨネーズ大さじ1を入れて火にかけ、赤・黄パプリカを炒める。
火が通ったらスナップえんどう、ツナの順に加え、残りのマヨネーズを加えてさっと炒める。

調理のポイント

ツナの代わりに、ベーコンでもおいしく召しあがれます。
スナップえんどうはレンジを使用するとよりかんたんに調理できます。
その場合、スナップえんどうをラップに包み、レンジ(500W)で20秒加熱してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 293kcal
たんぱく質 11.4g
脂質 22.4g
炭水化物 13.7g
食塩相当量 0.7g
野菜摂取量 185g

このレシピに使われている商品

パプリカを活用しよう

その他野菜料理のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について スナップエンドウの基本情報

春|旬は4〜6月

スナップエンドウの話

さやえんどうのシャキシャキ感とグリンピースの豆の甘みをいっしょに味わえるのがスナップエンドウ。アメリカでつくられた新しい品種で、豆が熟してもさやが固くならずやわらかいので、さやごとそのまま食べることができるのが特徴です。出回るようになったのは、1970年代以降と比較的新しい野菜ですが、その手軽さとおいしさから、サラダや炒め物などに人気です。別名スナップピース、スナックエンドウとも呼ばれています。

このレシピが関連するカテゴリー