マヨネーズで!パラッと鮭チャーハン

写真:マヨネーズで!パラッと鮭チャーハン

キユーピー マヨネーズの裏ワザ。 油の代わりにマヨネーズで炒めることでパラッと仕上がり、コクがアップします。鮭の塩味とコーンの甘味がよく合います。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 617kcal
  • 食塩相当量 0.7g
  • 野菜摂取量 10g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ご飯 400g
鮭(生) 2切れ 200g
長ねぎ 1/3本 20g
少々
こしょう 少々
キユーピー マヨネーズ 大さじ2
サラダクラブ 北海道コーン ホール 1袋(100g)

作り方

1鮭は塩・こしょうをして魚焼きグリルで焼き、ほぐす。

2長ねぎは粗みじん切りにする。

3フライパンにマヨネーズを入れて火にかけ、マヨネーズが溶け始めたら温かいごはんを加えて
混ぜながら炒める。

4ムラなく混ざったら、1、2、コーンを加えてさらに炒め、塩・こしょうで味をととのえる。

栄養成分(1人分)

エネルギー 617kcal
たんぱく質 28.5g
脂質 16.4g
炭水化物 82.3g
食塩相当量 0.7g
野菜摂取量 10g

鮭を活用しよう

ピラフ・炒飯のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について 鮭の基本情報

旬は秋

鮭は産卵期に入ると生まれた川へ帰り、卵を産んで一生を終えます。

産卵するために、海から生まれた川へと戻りはじめる直前の9~11月のものが脂のりが素晴らしく美味しいとされています。

また、春から夏にかけて北海道沿岸で穫れる若い鮭は産卵の疲労がなく、脂がのっているため『ときしらず』と 呼ばれ重宝されています。

このレシピが関連するカテゴリー