まぐろといかのサラダごはん

写真:まぐろといかのサラダごはん

角切りにしたお刺身ときゅうりをノンオイルに漬け、ごはんにのせたさっぱりいただける一品です。かんたんに出来るので、忙しい時におすすめします。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 445kcal
  • 食塩相当量 1.2g
  • 野菜摂取量 47g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

まぐろ 50g
いか 胴1/2杯 75g
きゅうり 1/2本 49g
リーフレタス 1枚 20g
玉ねぎ 適量
ご飯 400g
キユーピー ハーフ 適量
キユーピー ノンオイルごまと香味野菜 適量

作り方

1まぐろ、いか、きゅうりは角切りにする。玉ねぎは薄切りにし
水にさらして水気をきる。

2①をノンオイルで和えて、しばらく漬けておく。

3器に入れたご飯に適当な大きさにちぎり、冷水にさらして水気をきった
リーフレタスをのせ、②ものせてキユーピーハーフをかける。

調理のポイント

お好みでわさびを加えたり刻みのりをのせてもおいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 445kcal
たんぱく質 19.6g
脂質 4.1g
炭水化物 78.3g
食塩相当量 1.2g
野菜摂取量 47g

まぐろを活用しよう

ちらし寿司のレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について きゅうりの基本情報

夏|旬は5〜9月

きゅうりの話

きゅうりは黄色い瓜、「黄瓜」が語源との説が有力、昔日本では黄色く熟したものを食用にしていたようです。きゅうりは大別すると白いぼきゅうりと黒いぼきゅうりがあり、日本で栽培されているものの多くは白いぼきゅうりです。またブルーム(表皮につく細かい白い粉)のあるタイプとないタイプがあり、見栄えのよいブルームレスのきゅうりが主流ですが、最近では歯切れが良く、種子の粒が小さいブルームのあるタイプが、生食の他漬物にも向き、その食味の良さから見直されてきています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す