かんたんちらし寿司

写真:かんたんちらし寿司

すし飯に、刺身と錦糸たまごがのった、かんたんに作れる一品です。見た目もかわいらしいので、おもてなしにもおすすめです。

  • 調理時間 5分
  • エネルギー 357kcal
  • 食塩相当量 1.9g
  • 野菜摂取量 4g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

すし飯 300g
まぐろ 2切れ(刺身) 30g
サーモン(刺身用) 2切れ(刺身) 30g
いくら 小さじ2
きゅうり 適量
貝割大根 適量
玉九 錦糸たまご 1/2袋 20g

作り方

1まぐろとサーモンは食べやすい大きさに切る。
きゅうりはいちょう切りにする。貝割大根は根元を切り落とし、長さ半分に切る。

2器にすし飯を盛りつけ、錦糸たまごを敷き、1といくらを彩りよくのせる。

調理のポイント

玉九 錦糸たまごはそのままでもおいしく召しあがれますが、さっとお湯をかけるとよりやわらかく、一層おいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 357kcal
たんぱく質 13.8g
脂質 5.2g
炭水化物 61g
食塩相当量 1.9g
野菜摂取量 4g

このレシピに使われている商品

米を活用しよう

ちらし寿司のレシピ

玉九 錦糸たまごを使ったレシピ


素材について 鮭の基本情報

旬は秋

鮭は産卵期に入ると生まれた川へ帰り、卵を産んで一生を終えます。

産卵するために、海から生まれた川へと戻りはじめる直前の9~11月のものが脂のりが素晴らしく美味しいとされています。

また、春から夏にかけて北海道沿岸で穫れる若い鮭は産卵の疲労がなく、脂がのっているため『ときしらず』と 呼ばれ重宝されています。

このレシピが関連するカテゴリー