海鮮サラダちらし

写真:海鮮サラダちらし

見た目も鮮やかな、野菜がしっかり食べられるサラダ寿司です。  

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 371kcal
  • 食塩相当量 2.5g
  • 野菜摂取量 54g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

すし飯 300g
きゅうり 1/2本 49g
レタス 2枚 58g
まぐろ 40g
しょうゆ 小さじ1
白ごま 小さじ1
少々
キユーピー ディフェ 30g
玉九 錦糸たまご 適量

作り方

1きゅうりは薄い輪切りにして塩でもみ、水で洗って水気をしぼる。

2レタスは冷水にさらして水気をきり、せん切りにする。

3まぐろは1cmの角切りにし、しょうゆをまぶす。

4すし飯に、1、キユーピー ディフェ10g、白ごまを加え、混ぜ合わせる。

5器に4を盛りつけ、2、3、錦糸たまごを盛りつけ、残りのキユーピー ディフェで
線描きする。

調理のポイント

玉九 錦糸たまごの代わりに、炒りたまごでも良いでしょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 371kcal
たんぱく質 10.7g
脂質 8.1g
炭水化物 61.6g
食塩相当量 2.5g
野菜摂取量 54g

このレシピに使われている商品

米を活用しよう

ちらし寿司のレシピ

キユーピー ディフェを使ったレシピ


素材について きゅうりの基本情報

夏|旬は5〜9月

きゅうりの話

きゅうりは黄色い瓜、「黄瓜」が語源との説が有力、昔日本では黄色く熟したものを食用にしていたようです。きゅうりは大別すると白いぼきゅうりと黒いぼきゅうりがあり、日本で栽培されているものの多くは白いぼきゅうりです。またブルーム(表皮につく細かい白い粉)のあるタイプとないタイプがあり、見栄えのよいブルームレスのきゅうりが主流ですが、最近では歯切れが良く、種子の粒が小さいブルームのあるタイプが、生食の他漬物にも向き、その食味の良さから見直されてきています。


きゅうりの栄養の話

きゅうりは95%以上が水分で、栄養価よりも歯切れのよさやみずみずしさを味わう野菜といわれます。栄養素としてはカリウムやビタミンAを豊富に含みます。その他、ビタミンC、Kなどのビタミン類や亜鉛、マグネシウムなどのミネラル類も、少量ながらバランスよく含んでいます。

このレシピが関連するカテゴリー