目玉焼きとチーズとハムのおにぎらず

写真:目玉焼きとチーズとハムのおにぎらず

朝食に定番の具材を入れた、具だくさんの おにぎらずです。 洋風の具材とマヨネーズとごはんがよく合います。 お弁当にもおすすめです。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 518kcal
  • 食塩相当量 1.9g
  • 野菜摂取量 29g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ご飯 240g
レタス 2枚 58g
2個 100g
スライスチーズ 2枚 36g
ハム 2枚 30g
のり 2枚 6g
適量
サラダ油 適量
キユーピー マヨネーズ 大さじ2

作り方

1ボウルにごはんを入れ、塩を加えて混ぜ合わせる。
 

2レタスは冷水にさらして水気をきる。
   

3フライパンに油をひいて熱し、目玉焼きを両面焼いて作る。

4ラップの上にのりの角が正面になるように置き、のりの中心に1の1/4の量を、
四角くなるように薄く広げる。
2、マヨネーズ、3、ハム、スライスチーズ、1の1/4の量を順に重ねるようにのせ、
のりの四隅が中心に向かうように折りたたみ、ラップで包む。

5のりがなじんだらラップごと半分に切る。
同様にもう1個作る。

栄養成分(1人分)

エネルギー 518kcal
たんぱく質 17.6g
脂質 27.7g
炭水化物 47.3g
食塩相当量 1.9g
野菜摂取量 29g

このレシピに使われている商品

米を活用しよう

おにぎりのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について レタスの基本情報

夏|旬は3〜4月,7〜8月

レタスの話

日本名を「ちしゃ」といい、「乳草」の略とされます。茎を切ると断面から乳液がでることによります。10世紀には栽培されていた記録がありますが、現在のようなレタスが入ってきたのは、明治のはじめから。一般には、1960年代から普及しました。最近では、品種改良によって、サラダ菜、サニーレタス、リーフレタス、グリーンカールなど、種類も豊富になりました。焼肉などでおなじみのサンチュもレタスの仲間です。

このレシピが関連するカテゴリー