チキンとアボカドの深煎りごまサラダうどん

写真:チキンとアボカドの深煎りごまサラダうどん

写真は1人分です

ゆでたうどんに、サラダチキンとお好みの野菜をのせて、めんつゆと深煎りごまドレッシングをかけるだけ。鶏肉とアボカドのうま味に、深く煎ったごまのコク深い風味のドレッシングがよく合います。ランチにおすすめです。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 470kcal
  • 食塩相当量 2.9g
  • 野菜摂取量 54g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

うどん 2玉 440g
トマト 1/2個 83g
ベビーリーフ 1/2パック 25g
アボカド 1/2個 70g
サラダチキン 60g
めんつゆ(ストレート) 大さじ4
キユーピー 深煎りごまドレッシング 大さじ4

作り方

1うどんは袋の表示通りに加熱し、流水で洗いながら冷やして水気をよくきる。

2トマトとアボカドは2cmの角切りにする。サラダチキンは食べやすい大きさにさく。

3器に①を盛りつけ、めんつゆを注ぎ、ベビーリーフと②をのせ、ドレッシングをかける。

調理のポイント

アボカドは種のまわりに縦一周切り込みを入れて両手でひねって2つに分け、種を除いて皮をむいてください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 470kcal
たんぱく質 15.8g
脂質 18.7g
炭水化物 58.8g
食塩相当量 2.9g
野菜摂取量 54g

このレシピに使われている商品

うどんを活用しよう

そば・うどん・そうめん(冷)のレシピ

キユーピー 深煎りごまドレッシングを使ったレシピ


素材について トマトの基本情報

夏|旬は3〜4月,6〜8月

トマトの話

南米原産のトマトは、日本には江戸時代に観賞用として伝わったのがはじまり。食用として本格的に市場に出回ったのは昭和に入ってからだそうです。生食用の大玉トマトが一般的でしたが、中玉トマト、ミニトマトなども登場。小さめで甘みの強いフルーツトマトなど、さまざまな品種が生まれ、今では食卓に欠かせない野菜になっています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す