ツナと半熟たまごの深煎りごまサラダうどん

写真:ツナと半熟たまごの深煎りごまサラダうどん

写真は1人分です

ツナとカラフルな野菜がたっぷりのった、サラダ感覚で食べられる一品です。深煎りごまドレッシングの豊かでコクのある味わいが、まろやかな半熟たまごによく合います。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 584kcal
  • 食塩相当量 3.3g
  • 野菜摂取量 109g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

うどん 2玉 440g
レタス 3枚 87g
プチトマト 6個(中) 72g
黄パプリカ 1/3個 53g
スプラウト(ブロッコリー) 少量 6g
ツナ(缶詰) 1缶 70g
めんつゆ(ストレート) 大さじ4
キユーピー 深煎りごまドレッシング 大さじ5
キユーピーのたまご とろ~り半熟たまご 2個 98g

作り方

1うどんは袋の表示通りに加熱し、流水で洗いながら冷やして水気をよくきる。

2レタスは冷水にさらして水気をきり、3cm角に切る。
プチトマトは半分に切る。黄パプリカは薄切りにする。
スプラウトは根元を切り落とす。ツナは汁気をきる。

3器に①を盛りつけ、めんつゆを注ぎ、②と半熟たまごをのせ、ドレッシングをかける。

栄養成分(1人分)

エネルギー 584kcal
たんぱく質 20.7g
脂質 27.3g
炭水化物 61.1g
食塩相当量 3.3g
野菜摂取量 109g

うどんを活用しよう

そば・うどん・そうめん(冷)のレシピ

キユーピー 深煎りごまドレッシングを使ったレシピ


素材について レタスの基本情報

夏|旬は3〜4月,7〜8月

レタスの話

日本名を「ちしゃ」といい、「乳草」の略とされます。茎を切ると断面から乳液がでることによります。10世紀には栽培されていた記録がありますが、現在のようなレタスが入ってきたのは、明治のはじめから。一般には、1960年代から普及しました。最近では、品種改良によって、サラダ菜、サニーレタス、リーフレタス、グリーンカールなど、種類も豊富になりました。焼肉などでおなじみのサンチュもレタスの仲間です。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す