なすとトマトと厚揚げのドレッシング炒め

写真:なすとトマトと厚揚げのドレッシング炒め

なす、トマト、厚揚げをすりおろした玉ねぎと炒めたにんにく風味のドレッシングで炒めた、ごはんがすすむおかずです。ドレッシング1本でかんたんに味が決まります。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 296kcal
  • 食塩相当量 1.1g
  • 野菜摂取量 165g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

トマト 1個(大) 190g
なす 2本 140g
厚揚げ 1枚 200g
少々
こしょう 少々
サラダ油 大さじ1
キユーピー すりおろしオニオンドレッシング 大さじ3

作り方

1トマトは8等分のくし形切りにする。

2なすは縦半分に切り、さらに厚さ1.5cmの斜め切りにする。

3厚揚げは縦半分に切り、さらに厚さ1cmに切る。

4フライパンに油をひかずに熱し、③を並べて両面に焼き色がつくまで焼き、いったん取り出す。

5④のフライパンに油をひいて熱し、②を入れて炒め、油が回ったらふたをして、時々炒めながら、やわらかくなるまで火を通す。

6⑤に④を戻し、①を入れて炒め、塩・こしょうをし、ドレッシングを加えて味をからめる。

調理のポイント

トマトは赤く熟れたものを使ってください。トマトが少しくずれてくるまで炒めるとよいでしょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 296kcal
たんぱく質 12.7g
脂質 22g
炭水化物 12.5g
食塩相当量 1.1g
野菜摂取量 165g

このレシピに使われている商品

トマトを活用しよう

その他野菜料理のレシピ

キユーピー すりおろしオニオンドレッシングを使ったレシピ


素材について トマトの基本情報

夏|旬は3〜4月,6〜8月

トマトの話

南米原産のトマトは、日本には江戸時代に観賞用として伝わったのがはじまり。食用として本格的に市場に出回ったのは昭和に入ってからだそうです。生食用の大玉トマトが一般的でしたが、中玉トマト、ミニトマトなども登場。小さめで甘みの強いフルーツトマトなど、さまざまな品種が生まれ、今では食卓に欠かせない野菜になっています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す