ツナとたまごのマヨチャーハン

写真:ツナとたまごのマヨチャーハン

写真は1人分です

かにかま、たまご、いんげんの彩りがきれいな、食欲をそそるチャーハンです。油の代わりにマヨネーズで炒めると、パラッと仕上がり、コクがアップします。ツナのうまみが加わり、塩分控えめでも、満足感を得ることができます。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 531kcal
  • 食塩相当量 1g
  • 野菜摂取量 60g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ご飯 2杯(どんぶり・カレー) 400g
ツナ(缶詰)  1缶 70g
玉ねぎ 1/2個(小) 71g
いんげん 4本 29g
赤パプリカ 1/8個 20g
1個(M) 51g
しょうゆ 小さじ1
こしょう 適量
キユーピー アマニ油マヨネーズ 大さじ2

作り方

1玉ねぎと赤パプリカは粗みじん切りにする。いんげんは小口切りにする。

2フライパンにアマニ油マヨネーズ小さじ2を入れて火にかけ、マヨネーズが溶け始めたら、①と汁気をきったツナを入れて炒める。

3②に温かいご飯を加えて、ご飯がほぐれるまでよく混ぜながら炒める。

4③のフライパンの空いたところに溶いた卵を入れて、ご飯と混ぜながら炒める。しょうゆをフライパンのふちから回し入れ、残りのアマニ油マヨネーズとこしょうを加えて、全体を混ぜ合わせる。

調理のポイント

しょうゆを加える際は、フライパンのふちから回し入れると香ばしさが引き立ちます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 531kcal
たんぱく質 15.1g
脂質 15.4g
炭水化物 79.6g
食塩相当量 1g
野菜摂取量 60g

このレシピに使われている商品

米を活用しよう

ピラフ・炒飯のレシピ

キユーピー アマニ油マヨネーズを使ったレシピ


素材について 玉ねぎの基本情報

秋|旬は4〜6月,9〜12月

玉ねぎの話

玉ねぎは、東欧系の辛み品種と南欧系の甘み品種があり、皮の色や大きさにより黄玉ねぎ、白玉ねぎ、赤玉ねぎ、小玉ねぎなどに分けられます。日本で流通しているのは辛み品種の黄玉ねぎが多く、貯蔵性が高いのも特徴です。通常、玉ねぎは日もちをよくするために、収穫してから1ヶ月くらい風にあてて乾燥させてから流通させています。新玉ねぎといわれるものは、黄玉ねぎや白玉ねぎを早取りし、すぐに出荷したもので、皮が薄く、実の水分が多くてやわらかい、という特徴があります。また、みずみずしく、辛みが少ないので、サラダなどに入れて生食するのがおすすめです。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す