さんまの香草パン粉焼き レモンマヨソース

メール
送信
写真:さんまの香草パン粉焼き レモンマヨソース

写真は1人分です

マヨネーズを使うことで、さんまがしっとり焼きあがります。さわやかな酸味のあるレモンマヨソースがとてもよく合います。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 618kcal
  • 食塩相当量 1g
  • 野菜摂取量 14g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

さんま 2尾 280g
ベビーリーフ 1/2パック 25g
A パン粉(生) 10g
A イタリアンパセリ 3g
A パルメザンチーズ 5g
レモン汁 3g
レモンの皮 1/2個分 2g
サラダ油 適量
キユーピー マヨネーズ 大さじ3

作り方

1さんまを3枚におろし、身にマヨネーズ大さじ1を薄くぬり、ロール状に巻いてようじでとめる。

2混ぜ合わせたAを①に詰め、油をぬった耐熱容器に並べ、オーブントースターで焼く。軽く焼き色がついたら、アルミホイルをかぶせ、火が通るまで焼く。

3残りのマヨネーズにレモンの皮のすりおろしとレモン汁を加えて混ぜ合わせる。

4器に②を盛りつけ、③とベビーリーフを添える。

調理のポイント

オーブントースターの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 618kcal
たんぱく質 27.2g
脂質 52.9g
炭水化物 3.5g
食塩相当量 1g
野菜摂取量 14g

このレシピに使われている商品

さんまを活用しよう

お通し・おつまみ・オードブルのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について レモンの基本情報

旬は12月~7月

レモンについて

レモンは強い酸味とさわやかな香りが特徴です。強い酸味は多量に含まれたクエン酸によるもの。スポーツの後やリフレッシュしたいときにおすすめです。お料理にも便利なフルーツです。

【科・属名】 ミカン科カンキツ属
【原産地】 インド・ヒマラヤ
日本へは明治時代初期にアメリカから伝わってきました。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す