れんこんの保存方法

れんこんの保存のコツ

れんこんは田んぼの中で育つため、光や空気、乾燥が苦手です。一節丸ごと保存する時は、泥付きのまま新聞紙に包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します(保存期間の目安:1週間)。節の途中で切られているものは、ラップでぴっちり包んで変色を抑え保存します(保存期間の目安:4~5日)。皮をむいたものは、空気に触れると黒ずんでしまうため、水を入れた密閉容器に入れて保存します。ビタミンCが流れてしまわないように翌日には使いましょう(保存期間の目安:2日)。

れんこんの冷凍保存

れんこんは皮をむき、使いやすい大きさに切り、酢水に3分ほど浸し、水気をふきとり、冷凍用保存袋に平らに並べて入れ、空気を抜いて冷凍します(保存期間の目安:3~4週間)。凍ったまま炒め物、煮物、汁もの等に使います。サラダ、和え物は、軽くゆでて、水気をふきとり、冷凍用保存袋に平らに並べて入れ、空気を抜いて冷凍し、自然解凍して使います。

れんこんを使ったレシピ


冬の食材