和豆のミネストローネ

写真:和豆のミネストローネ

マイルドな酸味のトマト味のスープに、根菜と和豆がよく合います。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 159kcal
  • 食塩相当量 2.4g
  • 野菜摂取量 74g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

作り方

1れんこんは皮をむき、2mm幅のいちょう切りにする。
玉ねぎは薄切りにする。にんじんは皮をむき、2mm幅のいちょう切りにする。
ウインナーは1cm幅の輪切りにする。

2鍋に水と①を入れて火にかけ、アクを取りながら弱火で煮る。

3にんじんがやわらかくなったら、和豆ミックスとミネストローネの素を加え、
弱火で約3分煮込む。

4器に③を盛りつけ、スプラウトをのせる。

調理のポイント

水の量はお好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 159kcal
たんぱく質 7.2g
脂質 6.9g
炭水化物 17.9g
食塩相当量 2.4g
野菜摂取量 74g

れんこんを活用しよう

汁物・スープ・シチューのレシピ

サラダクラブ 和豆ミックス(青大豆、白いんげん豆、きんとき豆)を使ったレシピ


素材について れんこんの基本情報

冬|旬は11〜3月

れんこんの話

れんこんは、その名の通り、蓮の地下茎を食用にしたもの。皮をむくと白い肌の色が現れますが、そのままにしておくと色が変色してしまうので、白く仕上げるなら酢水につけるなどして色止めをしましょう。ただし、長時間さらすとビタミンCが溶け出してしまうので、2~3分を目安にして。輪切りにして酢の物などにすると、シャキッとした歯ごたえが楽しめますが、加熱するとでんぷんが強まりホクホクに。さらに細かく刻んだり、すり下ろしたりして加熱すると、モチッとした食感になります。調理法によって変わる食感を楽しみながら、広く料理に利用しましょう。

このレシピが関連するカテゴリー