五穀米と小松菜とベーコンのサラダ菜巻きサラダ

写真:五穀米と小松菜とベーコンのサラダ菜巻きサラダ

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 278kcal
  • 食塩相当量 0.6g
  • 野菜摂取量 44g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ご飯(五穀米) 200g
サラダ菜 4枚 20g
小松菜 2束 68g
ゆずの皮 適量
ベーコン 2枚 40g
キユーピー ハーフ 適量

作り方

1小松菜はラップに包んでレンジ(500W)で約30秒加熱し、
水にとって水気をしぼる。 
ベーコンは縦半分に切り、フライパンで油をひかずにカリカリになるまで炒める。

2巻きすの上にラップを敷いて、サラダ菜を少し重ねておき、五穀米を広げる。
1と細切りにしたゆずの皮をのせ、キユーピーハーフをしぼって巻き、
食べやすい大きさに切る。

調理のポイント

ゆずのさわやかな風味とキユーピーハーフのコクをおたのしみいただけます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 278kcal
たんぱく質 7.1g
脂質 10.8g
炭水化物 39.7g
食塩相当量 0.6g
野菜摂取量 44g

このレシピに使われている商品

米を活用しよう

巻き寿司のレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について 小松菜の基本情報

冬|旬は12〜2月

小松菜の話

江戸時代中期以降に東京都江戸川区の小松川地区で作られていたことから「小松菜」という名前になったといわれています。冬を代表する野菜としても知られていて、関東では正月の雑煮にも使われる季節を告げる野菜でもあります。 栽培期間が短く、いろいろな環境に適応できるため一年を通して流通していますが、冬が旬の野菜でおいしい時期は12-2月にかけてです。12月に入り寒さや霜にさらされることによって葉肉が厚く柔らかくなり、あくが抜けて甘みが増していきます。

このレシピが関連するカテゴリー