ロマネスコときゅうりのツナマヨ和え

写真:ロマネスコときゅうりのツナマヨ和え

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 246kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 175g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ロマネスコ 1株 300g
きゅうり 1/2本 49g
ツナ(缶詰) 1缶(80g)
少々
こしょう 少々
キユーピー マヨネーズ 大さじ2

作り方

1ロマネスコは小房に分けてラップをかけ、レンジ(500W)で約2分30秒加熱して
水にとり、水気をきる。

2きゅうりは輪切りにして塩でもみ、水で洗って水気をしぼる。

31と2を水気をきったツナとマヨネーズで和え、塩・こしょうで味をととのえる。

調理のポイント

ロマネスコとは、ヨーロッパ原産のカリフラワーとブロッコリーをかけあわせて作られた
新顔野菜です。サンゴ礁のような美しい房のならびを、ヨーロッパ中世の絵画様式
“ロマネスク”にたとえこの名がついたと言われています。

栄養成分(1人分)

エネルギー 246kcal
たんぱく質 10.7g
脂質 20.2g
炭水化物 7.2g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 175g

このレシピに使われている商品

きゅうりを活用しよう

グリーンサラダ・ミックスサラダのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について きゅうりの基本情報

夏|旬は5〜9月

きゅうりの話

きゅうりは黄色い瓜、「黄瓜」が語源との説が有力、昔日本では黄色く熟したものを食用にしていたようです。きゅうりは大別すると白いぼきゅうりと黒いぼきゅうりがあり、日本で栽培されているものの多くは白いぼきゅうりです。またブルーム(表皮につく細かい白い粉)のあるタイプとないタイプがあり、見栄えのよいブルームレスのきゅうりが主流ですが、最近では歯切れが良く、種子の粒が小さいブルームのあるタイプが、生食の他漬物にも向き、その食味の良さから見直されてきています。

このレシピが関連するカテゴリー