えびとレモンのウフ・マヨ

写真:えびとレモンのウフ・マヨ

ウフとはフランス語で「タマゴ」のことです。ウフ・マヨはフランスのビストロで定番の前菜です。パーティーメニューにもおすすめです。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 319kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 10g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ゆで卵 2個 100g
ゆでえび(大) 4尾 80g
貝割大根 1/4パック 19g
レモン 1個(皮) 5g
レモン汁 小さじ1
キユーピー マヨネーズ 大さじ4

作り方

1レモンは皮をすりおろす。

21、レモン汁小さじ1、マヨネーズを混ぜ合わせ塩で味をととのえる。

3ゆで卵は縦半分に切る。

4貝割大根は根元を切り落とし、長さ半分に切る。

5器にゆでえびとゆで卵を盛りつけ、2をかけ、4を飾る。

調理のポイント

ゆで卵は冷水にとって冷ましたあと、
殻にひびを細かく入れることで、きれいにむくことができます。
レモンの皮は白い部分までおろすと、苦みが出てしまいます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 319kcal
たんぱく質 14.9g
脂質 27.7g
炭水化物 1.3g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 10g

このレシピに使われている商品

卵を活用しよう

お通し・おつまみ・オードブルのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について 卵の基本情報

卵の栄養の話

卵はたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどいろいろな栄養素を含んでいますが、中でも特長的なのが、たんぱく質のアミノ酸バランスのよさです。

人間の体内でつくることができない必須アミノ酸の組成が優れているため、卵のたんぱく質は、もっとも良質で、栄養価の高い食品であるといえます。


このレシピが関連するカテゴリー